感じ方の違い

事務所に鳴り響くは世間の雑音 簡単に言えばライブ中    私です。

私は自分の部屋というか個室があるので、ガンガン音楽を鳴らしながら仕事しています。

最近ふと思うんです
もう10年近く新しい曲仕入れてないなと。
いや、ちまちまと「あっこの曲良いな」とどこかで耳にしたものは手に入れますよ?
しかしながらどうも偏ってるんですよね
工場ではラジオが昔から流れていて、リクエスト曲は歌謡曲か最近のヒット曲の二択
つまるところ聞いた瞬間は中間がないんですよね
ずっと聞いていたらヒット曲も過去の物になるんでしょうけど。

私は小さい頃から歌謡曲が好きでした。
なんなんでしょう、リズムや歌詞が「落ち着いている」からですかね。
別に流行物が嫌いな天邪鬼ではなかったんです、本能的に好き嫌いが分かれてました。
当時としても「新曲」に馴染めなかったのはリズムと「歌詞が陳腐過ぎる」と思っていたんですかね
ガキの癖に生意気ですね。

まぁ…確かに今もそうなんですけど。
今は少し緩和していると思いますよ
リズムか歌詞のどちらかが良くて、尚且つ本能的にリズムを取ってしまう曲はお気に入り候補です。
しかしなかなかどうして見つからず。
過去に記事にしたか覚えていませんが、私はアーティストを好きになるというより「曲」を好きになるんです
なので「好きな歌手誰?」と言われたらなんとも言えません。
よく「ジャズが好きなの?じゃあこの歌手知ってるよね?どれ好き?」とかの謎勢力
私は曲名すらも知らないものも多い、突発的にビビッと来たものを即手に入れて延々と聞き続けるだけ。
曲名やアーティスト名はあまり気にした事がありません。
その中で唯一アーティストの曲を殆ど聞いたのは「気志團」ぐらいです(突然のツッパリ成分)

昔から好きな曲で生き残っているのは、実はあまりないんですよね。
例えば当時はモーニング娘にお熱だったのに今は再生リストに1曲も入れていないとか。
別に嫌いになった訳ではないけど、多分再生リストに入れても飛ばしてしまう感じ。伝わります?
唯一小さい頃からの生き残りは「桑田佳祐さん」ぐらいでしょうか。
今も昔も、あの人が歌う曲はリズムも歌詞も好きなんです。
どういえばいいのでしょうか…リズムあっての歌詞、歌詞あってのあのリズムと言ったような
全てを物にしている方の曲は本当に素敵です。

そういえば、私は根っからのアイドル嫌いです。
しかし昔と違う点を挙げるとすれば「リズムが好きになれば一応聞く」ようになりました。
歌詞は期待していないので(暴言)
あーどうせあのグループの曲か、と聞き流していたら古臭いメロディが流れ始めた時は少し気になりました。
ま、その一曲も題名やどんな曲だったかすら忘れてしまいましたが。

こうやって記事を書きながら自分の好きな曲の共通点を探していましたが
ぜんっぜんそんなものが見当たらず困惑。
歌手の志向も違うし声質も違う、ベースラインも違えば使用楽器自体違う。
何曲かに共通しているものはありました
文字に起こしづらいのですが、半音(?)ずつ下がっていく音が3つ連なっている部分がある曲。
…はい伝わらなーい。しってたー。
それぐらいしか見つかりませんでした。

後はもうゲーム中の曲だったりするので何とも言えないのですけどね。

何のきっかけで記事を書きだしたか忘れていましたが
昨日、ビビッと来る曲が久しぶりに見つかったので…つい。


心理テスト

今日は何だか占い師の気分   私です。

以下の中から1つ選んでください
真剣に考えず直感でどうぞ。


貴方の目の前にいくつか並べられたものがあります、1つだけ貰えるとしたら?

1)普段手が出ないほど高価な茶葉
2)最新式のスマートフォン
3)流行中で自分に似合う服
4)会員制クラブのVIPチケット

5秒以上考える必要はありません
選択肢を見て これ欲しい! と即決断するのです。


続きは追記より。


おっさんonおっさん

言葉だけ聞くと地獄    私です。


昨晩は珍しく早めに床へINしました。
ONだのINだの、おっさんに横文字は通用しません。

床に就いてからサイさんとじっくり話していた筈なんです
ほぼ覚えていないのが残念な所…。
恐らくになりますが
・ぬいぐるみを依り代にしてみての感想話
・二番目三番目のタルパの作成時期についての話
・ダイブ界の話
をしたと思うんですけどね。覚えてないんですよね。

あ、因みにタイトルであるonはぬいぐるみのサイさんを抱えて寝た事です。
ぬいぐるみって全部そうなのでしょうか
膝の上にサイを置いてゲームをしていたら熱を感じたんですよね。
これは…と思い抱えて寝ながら会話していると、サイぐるみが熱を持ってきた気がするんです。
腕枕風に上腕の所へサイさんを陣取らせて寝ていた所、ジワジワと温かさを感じた。
つまるところ
「サイはここにいる」が簡単に認知しやすくなりました。
寝ぼけ頭でもムンムンと熱気を感じるので、認知しやすいのです。

ま、綿が私の熱を保温したのが正体でしょうけど。夢も希望もない。

もしタルパの熱を感じる事が難しいタルパーの方がいらっしゃるのなら、これはいい方法なのではないかと。
ただしぬいぐるみが必要になります。
ただし私のようにおっさんなタルパーには辛い試練です。姿を見られようものなら月へ吹っ飛んでいきます。
おっさんがぬいぐるみ抱えて独り言言ってたってよ~ キャーなにそれキモーイ

しかし未熟だからこそ色々試して発掘できるのは面白い所ですよね。
そして見事に私は熱を勘違いしているので、尚の事成長できる気がしました。
いや…勘違いと言ったらダメなのか。

という訳で、私の三日坊主が発動するまでは おっさんonおっさん 計画始動です。


プロフィール

超兄貴

Author:超兄貴
日々をダラっと過ごすおっさん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR