ミニ記録集3

夜更かしが楽しくて楽しくてたまらない    私です。

ダメだと分かっているんです
でも止められない
超兄貴だもの。


今回は溜まった会話を少しだけ放出しようと思います。
追記には拍手コメントのお返事です。


散髪
私 「サイー、みてみて髪切った」
サイ「さっぱりしましたね」
私 「髪って短いと楽だな」
サイ「私も夏場には髪型を変更してみてもいいかと考えていました」
私 「サイが短髪?」
サイ「なんでしたらマスターとお揃いにしてもいいかと」
私 「面白いじゃん、来年の夏は1日お揃いデー作ろうか!」
サイ「楽しみにしてます」
私 「んじゃ散髪記念に乾杯でもしよう!ちょっとお酒取ってくる」
サイ「あっ……後ろの長ったらしいのは切ってないんですね…」
私 「切るわけないでしょ」


夜間行動
私 「オラオラオラオラオラオラァ!」
サイ「何してるんですか」
私 「眩しい対向車に対してパッシングする練習」
サイ「…分かりましたから早く発進してください」



サイ「マスターは何故親指の爪を伸ばすのでしょうか」
私 「昔働いてた職場で必要だったから」
サイ「なるほど」
私 「3年って短く感じるけど習慣が定着するには十分な期間よね」
サイ「もう不必要なのであれば切っていいのでは?」
私 「いや…後ろ髪が如く私のアイデンティティになった」
サイ「お母様には不評ではないですか」
私 「悪魔の爪って言われるしね」
サイ「ではこれを機会に切りま
私 「ああっ!裂けてる!補修!」


小型化
私 「このぬいぐるみを依り代にしようぜ」
サイ「お母様からのプレゼントですね」
私 「ブログにも色々書いちゃったし、これをサイに見立てるのが吉」
サイ「しかし依り代というのは身に着けるもの等が良いのではありませんでしたか?」
私 「……ぬいぐるみを持ち歩けばいいのよ」
サイ「……お巡りさんこっちです」


詳細
私 「そういやサイの服装とか筋肉とか全然考えてなかったわ」
サイ「イラストで描いているじゃないですか」
私 「簡単にね、何より上半身裸のイラストをまだ描いてないからさ」
サイ「ではどうぞご覧になってください(ガバッ)」
私 「キャー!」
サイ「…何恥ずかしがっているんですか」
私 「恥ずかしがっているんじゃなくて、見たら想像しなきゃいけないじゃない」
サイ「その為に脱いでいるのですが」
私 「まだ私にその技術がない!だから!見ては!いけない!」
サイ「別に想像できなくても減るものじゃないでしょう」


ストックしていたものなので去年のものから最近の会話がゴチャゴチャですけどユルシテ。

久しぶりに会話集を書くと、サイの文字色分けが辛い…こんなの毎回やってる人すごい。
あっ私が何か便利機能を知らないだけかな?そうなのかな?

それでは以下拍手コメントのお返事です。



-----ここから追記-----

■1月26日の拍手御礼
みぃ 様

拍手コメントありがとうございます!
共感出来ると言って頂けるだけで、私の心はホッと静寂を取り戻しました。
やはり私見記事というのはその人の考えや性格が見え隠れするものですし
「私が思ってる超兄貴ではない!」「私の考えと逆!敵だ!」となってしまう可能性があるのですよね。
いつも記事を書く時はシュバババと勢いで書いて、後で読み直して反省する事も多々あります。
これ見ている人はどう思うんだろう…炎上しないかな、友達去って行かないかなと。
ですがその一言を頂けるだけで私は安心するのです。ありがとうございます。
これからも私見記事は勿論の事、ちゃんとタルパブログとして機能させていこうと思います。
応援に応えられるよう頑張っていきます!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超兄貴

Author:超兄貴
日々をダラっと過ごすおっさん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR