何度死んだって

先日9回程死んだ   私です。

13日にちょっと用事で関東地方まで遠征してきました。
7年振りの飛行機と20年振りの新幹線。
その一文だけで私がどれほど遠出していないかバレバレなのですが。

私は飛行機が大の苦手。
初めて乗ったのは小学6年生の修学旅行で沖縄へ
その時は友人らとワイワイしていたのと、初めての飛行機で何とも感じなかったのでしょう。
子供であったが故に色々と知識もなく純粋に楽しんでいた気がします。

7年前に海外へ行くために2回目の飛行機
その頃は色々と知識がついていたので、既に飛行機は苦手になっていました。
何故鉄の塊が飛ぶのか、エンジンは持つのか、バードストライクはどれほどの頻度なのか。
そして最大の敵であるエアポケット
その時は悪天候で雨雲も多く、雨雲とエアポケットのダブルコンボで到着時には瀕死でした。
しかし帰りの飛行機では知恵が増え、フライト時には睡眠薬を飲んでやりすごした。

そして人生3回目の飛行機
関東地方へは2時間半ですし、前回のように睡眠薬を…とはいかず。
iPodで音楽を聴こうと思っても「電磁波を発する機械は云々」の注意事項でなかなか聞くこともままならず
そしてふと隣を見るとずーっとスマホでゲームしている人が居たんです
「機内モードにするか電源切ってくれよ…頼むよぉ…」と心の中で泣き言を言いつつ離陸
その時点で1回死にました。
何故か今回も天候が悪く、雨雲が多かったようです
その機内アナウンスで2回目の死亡
案の定雨雲を通る時、そしてエアポケットで少し高度が下がる時で5回死亡
着陸時の横振れでとバウンドで2回死亡
もう1日だけで私は何度死んだかと…。
皆さん思いません?エアポケットや激しい揺れの時に「あっ死んだ」と思うの。

まぁ…私も帰りの飛行機では「今雲の間を通っている…だから揺れる…しゃーないしゃーない…」
なんて手に汗握りながら考えていたわけですが。

飛行機が嫌いになった理由としては上記に書きましたが、物理的な理由
そして最大の理由は「夢」で飛行機事故に遭い死んだ事です。
それ以来どうも本能的に拒絶反応がでるようになってしまいました。

因みに新幹線も20年振りだったので、乗った感覚を忘れていたんです
そしてその時は自由席でデッキで立っていたので、座ったのは今回が初めて。
最初は飛行機が怖かったので「新幹線で関東まで」と思っていましたが
日帰り弾丸ツアーの予定では時間が足りず、結局飛行機になったんですけどね。

実際に新幹線に乗った感想ですが「目を瞑ると飛行機と変わらない」でした。
乗っている最中にも色々と考える訳ですよ
脱線したらどうしよう、石が置かれていたらどうしよう、そのまま空へ銀河鉄道したらどうしよう
更に追い打ちをかけたのは「運転手が居ない」と気付いた時です。
実際はオート運転などがあるんでしょうけど、ビビりました。
前方に2人運転手さんが居たのかな?
最初の1人が後方の車両に行ってしまって「運転手居ないのかよ!」と死に
暫くするともう1人がまた後方の車両に行ってしまって「二人居たのかよ!でも居なくなるのかよ!」と。
もう臭い物には蓋、目を瞑り現実逃避しました。
しかし目を瞑ると飛行機みたいな感覚になってしまって、また私は死んだ。

どうすれば飛行機って慣れるんでしょうかね。
よく飛行機を使う友人らは「場数を踏むしかない」と言うのですが…。
皆最初から飛行機は嫌いではない人たちばかりだったんです。
参考になんねーよ!と。
克服した人は居るのだろうか…このままではいけないとは分かっているんですけどね。


どうしても嫌いなものはあるよね 人間だもの   あにき。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超兄貴

Author:超兄貴
日々をダラっと過ごすおっさん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR