リアルになるほど

また夢の続きが始まる   私です。

前回夢日記を思い出しながら書いたからなのか
それともサイぐるみと生活しているせいか
どうもまた夢がリアル、または現実の続き物ばかり見るようになってしまった。

実際これはどういう動きなのでしょうね?
昔はサイと話すのならば明晰夢や体外離脱を利用してもいいかと、夢を鮮明にしようと思っていました。
しかし私に適性が無かったと諦めたはずなのですけどね…。
歳を重ねていくと自然とそうなってくるのだろうか。

前日に推理もののゲームをしており、そこで医療器具のメスが凶器になったものを遊んでいました。
今日、私はメスで喉元を切られた夢を見たのです。
しかし最初は一人称視点で「ああ、切られた…死ぬかもしれん」と思っていたのだが
次第に「この人は息出来るのだろうか、今息したら血が詰まるよな」との考えに移行。
私は死んで別の存在になったか、私は私ではなく憑依していた存在だった可能性もあるのだろうか。
少し前に見た死ぬ夢でも「自分が死ぬ時は成長の兆し」なんかありましたが
その分岐地点に居るような気もするんですよね。
とは言え夢の内容が内容ですし、前日の影響を受けた「脳の情報整理」でしょう。

ま、そんな話はおいといて。

未だに明晰夢や体外離脱を完全には諦めていません。
現実ではなかなかサイと話せなくたって、夢では普通に話していましたから。
それ故に夢を操れたら、きっと飛躍的にお互いが近づくとは思っているんですよね。

実際どうなのでしょうね?
離脱先からタルパ勧誘してきたとの情報もあれば、マネしてダメだった人も居る。
明晰夢についてのタルパ絡みはあまり聞かない。
逆に言えば離脱先や明晰夢にタルパを連れていくこと自体は可能なのだろうか。
まずタルパーであり離脱が出来る人はどれほどいるのか。

離脱先からタルパを引っこ抜いてきた方がいるぐらいですし
タルパの世界と離脱先は共有というか、同じような土俵にあるのでしょうけど…。
それもマスターそれぞれなんですかね。
結局は自分で体験してみないと分からない事か…。

また今日からサイと話しつつ離脱に挑戦してみようかしら。



-----ここから追記-----

サイ「久しぶりにスッキリと起きられたようですね」
私 「スッキリというか二度寝できないだけというか」
サイ「ま、いいじゃないですか」
私 「とは言えゴロゴロしてたら眠くなるなぁ」
サイ「今日も仕事ですよ」
私 「ねー、こうやってオフトゥンの上でゲームしてたらさ…こう…」
サイ「仕事ですよ
私 「分かってますやん、ちょっと冗談言っただけですやん」
サイ「作業着はそこ、その前に歯を磨いてくださいね」
私 「 (やっぱりオカン化してる) 」



最近またサイのメイン職である秘書をイメージしつつ話していた結果
おかんになりました。第二のおかんになりました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして!
夢・離脱に関する記事で気になったのでコメントさせていただきました!
私も昔ハマっていましたので…\(^o^)/


夢って、現実で視覚化・聴覚化がしっかりしていなくてもタルパがはっきり見えて声も聴こえるという最高の環境ですよね
そして触れた時にしっかり感触まであるという…

確かに夢は、夢日記をつけたりなど夢に関心を持ちまくっているときにリアルになりますね
きっと意識の差が普段と違うからなのでしょう( ゚Д゚)私の場合、今はそこまで興味津々というわけではないので、夢は鮮明ではないですしそもそもあまり覚えていません

>>夢を操れたら、きっと飛躍的にお互いが近づくとは思っている
私の場合ですが、夢は割と効果的だったと思います(夢を操れるレベルではなく、何回か明晰夢を見た、離脱ができたレベルですが…)
現実世界ではタルパがボヤボヤでも、あっちの世界ではタルパの見た目・声までクリアになっていることが多いのでタルパのイメージ結成にも役立ちますし
何より、夢でタルパが見れたぞ!!話せたぞ!!という喜びがタルパへの意識を高めてくれると思います(。-`ω-)



離脱先にタルパを連れていく…は、できると思ったらできます(`・ω・´)
なんというか、あっちの世界って、できないという先入観があることはできないことが多いです(;´Д`)
あと、ネット上の体験談は離脱に慣れない頃はあまり見ない方がいいかと…見てしまうと、これはできないことこれはできることみたいな先入観が植え付けられてしまうことがありますから…(; ・`д・´)熟練して、ある程度自分の離脱世界が固まったら大丈夫かと思いますが…



夢・離脱熟練者でもない&初コメントなのに偉そうに長々と語ってすみませんでしたm(__)m
離脱、頑張ってください!

Re: No title

>デザイア様

はじめまして、ようこそおいで下さいました!
夢や離脱関係の記事にコメントが付くのは本当に嬉しいです
嬉しいというより「アドバイスかな?注意かな?」と全力で聞く姿勢になります…!

やはり最近の夢がリアルになったりしているのも、気にしているせいなのですね。
元々正夢や現実の続きを夢で見る体質(?)なのですが
要は最初の夢を見てから気になって、だからこそまた夢を見てのループだったとは…。
一般的には「夢は夢」と切り離して考える方が健康的なのでしょうけどね。

正にその通りです!
うちのタルパであるサイは、しっかり全てを遮断する勢いでなければ存在感や見た目を意識できませんが
夢では当たり前のように存在している訳です。ずるい。
声も付いているし視線も感じるし、デザイア様が仰るように触れられたりと。
その夢を見てからは暫くモチベーションも爆上がりですし、訓練にもかなり役に立っていました。
デメリットがあるとすれば…その感覚を忘れ始める頃でしょうか。
声どんなのだっけ?視線どんな感じだっけ…忘れちゃったや!となってしまう事かなぁ。
定期的に見られるのならば新米タルパーの成長の手助けになると思うのですけどね…。

約10年前からタルパと離脱について探していたので、ある意味何でも出来るんだなとの認識にはなりました。
つまらんようですが「出来る人は出来るし出来ない人は出来ない」とインプットされてしまっているので
自分さえ信じていれば出来るんじゃね?と至りました。
そもそも離脱自体が…の私ですから、まだ体験談や出来る事など見ている場合じゃないんでしょうけどorz
タルパを連れていくことが可能と聞いて、またまた離脱熱も上がってきました!
一つ心配事があるとすれば、連れて行ったものの「話してそれは本当にサイなのか」と思ってしまった事です。
離脱先に「できた」サイであり、私の知ってるサイじゃないかもしれない…と。
結局はそれも私自身が信じていたらサイなのでしょうね。
なんだか離脱先は特別な(次元が違う)気がして、心のどこかで現実とは全く繋がっていないと思ってしまっているのでしょう。
それも含めて、離脱練習と絡めて合致させていけるといいなと思ってます。

いえいえとんでもない!先輩方の意見を聞ける機会があるのは非常に助かります!
デザイア様のコメントを胸に、今日も少し練習してみようと思います。

コメントありがとうございました!良ければまた遊びに来てください('ω')
プロフィール

超兄貴

Author:超兄貴
日々をダラっと過ごすおっさん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR