夜の帝王(仮)

豪雨警報がすごい    私です。

いやー、今日からまた梅雨モドキが始まりました
朝から豪雨に注意してください!河川氾濫するかも!にげてー!
みたいな通知がじゃんじゃん来てます。
あの…通知は有難いんですけど毎回そこまでいかないんですよ
本当にヤバい時が来た時に「またか」ってなっちゃってスルーしちゃいますね。
生物って慣れるものですし、ちょっと通知の仕方も変えた方がいいのでは?


さて、今回はサイさんに焦点をあてていきましょ。

いつも話はしているものの、いつも寝る前なのですよね
いつものアレですよ
「会話したはずなんだけどなぁ」
と、内容があやふやなやつ。
そして前回話した内容を覚えていないために次の日も同じ事を繰り返す。

これって育成に役立っているのか…?

サイからしたら老人の話し相手をしているような感じでしょうね
「 (これ昨日聞いたんだけどなぁ) 」 みたいな。

やはり自分から話しかける、話しかけるタイミングを作っている状態という事は
大きな括りで言えば未オートなのでしょう。

怠け癖の強い人間からすると、きっかけが無いとやる気が無いのも確かで
気のせいでもサイから「突然」話しかけられたら違うと思うんですよ
前にサイが夢に出てきたとか、視界の隅で何かが動いたような気がしたとか
ちょっとした事でいいんですけどね…。
現状何もないので、夜の就寝前会話だけに留まっている状況。

だって仕事中とかブログ書いている時なんか集中しちゃってますし
そんな中で「サイが話しかけてきている」なんてイベントは今のところ起こせそうにないです。
ついでに言えば今やっているゲームもRPGではないので
話し合うなんて芸当は恐らくできないでしょう。

何かいい方法がないものか…と、悩み続けて何年だ?

今どうしようかと悩んでいる事がある
新しい風を取り入れるかどうか。
ま、そんな事したらてんやわんやになりそうなんですけどね。

先日サイに窘められたばかりだしなぁ…。
暫くは就寝前会話を続けるか。
とかいって数か月後に同じような記事をあげる未来しか見えない
涙しか見えない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超兄貴

Author:超兄貴
日々をダラっと過ごすおっさん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR