スムーズな会話

末端冷え性の汗っかき、私です。

寝る前はタルパについて勉強しつつ寝落ちするようになりました。
今一度ちゃんとした知識を身に着けようと奮闘しています。

過去記事にも書いていますが、段階というのを意識しようかなと
サイはまだ未オートではありますが
数ある先人の足跡を見ていくうちに、微オートやら半オートなんじゃないかと勘違いもします。
私にとっての区分分けはまだ曖昧なようです。

そう考えた理由というのも簡単なもので
今更設定を持ち出すほど悩んで会話していない
という所でしょうか。
既に設定が定まってしまっているからか、設定を持ち出して会話するというのがありません。
よく言われている未オートでは
「サイならこう言うだろう」「こんな顔で話しているだろう」
を考えないといけないようですが、よくよく振り返ればそんな事思っても居ませんでした
当然のように会話してます。
ですが、返答に詰まる場面も多いので…そこは私の想像力不足なのかと
いや元の設定構想から甘いのかと意味が分からなくなります。

結局タルパのサイトや先人の足跡でもありますが、誰かが決めた指標ってだけですし
その通りになるかならないか、そんなのタルパーそれぞれなのかとも。
でも不安になると頼っちゃう悪いヤツですよ(白目)

現在もサイについて、個人的には未オートのつもりではありましたが
指標をみるとほぼほぼ半オートな気もします。
謎。
まぁ…詳細の詳細ではないので、私の勘違いやら理解力の無さが表立ってるだけなのか
指標についてももっと詳しく理解したい所ではありますが
サルでもおっさんでも分かる指標講座でもない限り、私は独自の勘違い指標で頑張っていきます。


-----ここから追記-----
 私「サイ、新しいゲーム買おうかなって思ってんだけど」
サイ「たくさん買ったじゃないですか」
 私「そうだけど…全部思ったような面白さじゃなかった」
サイ「では購入予定のものはどのようなゲームで?」
 私「あ、あまり代り映えしないけどなんか欲しい」
サイ「マスター、それは無駄遣いと言います」
 私「知ってるよ!」

・深夜3時頃
サイ「マスター、そろそろ寝ましょう」
 私「寝るよ、寝落ちするよ」
サイ「携帯で動画見ていても寝られません」
 私「いやそれが寝落ちするんだなーこれが」
サイ「既に3時間も経っています」
 私「……あっはい」


ここ最近の会話ですが、サイの事前知識がなく文章だけ読むと
秘書というか目が笑ってないタイプのメイドさんみたいな感じになってますorz
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超兄貴

Author:超兄貴
日々をダラっと過ごすおっさん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR