象徴イメージ

絵を描くかサイと話すか迷う、私です。

最近昔話が多いですが、今回も少しだけ…。

初代サイのお話であり、今のサイじゃない頃
つまるところ「タルパを作ろう」と思っていなかった頃ですね。
サイはとあるゲームからイメージを引っ張って来ました
固定顔のNPCではなく、自分で作るタイプ(キャラクタークリエイト)のNPCでした。
ゲームの主人公にとっては相棒的な立ち位置だったので、プレイヤーの私にとっても特別な相棒。
だからと言って「サイが現実に居たらな~」とかは全く思ったことありませんでした
しかし何故タルパをサイにしようと思ったのか。

タルパの存在を知っていたが頭の片隅にも残っていなかったか、まだ知らなかったか
それぐらいの時に、ゲーム内のサイが夢に出てきたんですよね

何か私に危機が迫っており、逃げ込んだのは空中都市の側面にできた洞窟みたいな所
空中都市なので、洞窟から身を乗り出すともう空なんですよ
その空を眺めながらボーっとしていた時
一匹のグリフォンがいつの間にかこちらを見ていたんです。
そして私は何故か「サイ?サイなのか?」と思ったか声に出したか
それに答えるように、グリフォンであるサイが
助けてやる 的な力強い眼でコチラを見て頷いた事を覚えています。
それから助けてくれたのかどうなったのか覚えていませんが、唐突に夢は終わりました。

その夢を見てから、ゲームの中のサイを意識するようになり
私にとってグリフォンとサイが特別な位置づけとなりました。

…そして時は流れ、初代タルパをサイにしよう計画が始まったのでした。

皆さんは人物物語を当てはめたりします?
寂し気な曲を聴いていたら荒廃した町を一人歩いている風景…とか。
私は曲を聴いていて風景が浮かんだり、この人っぽいなーとか思ってしまいます
ちょっと違う例で言えば、ネットゲームをしている時に曲を聴いていたら
その曲を流すとネットゲーム時代の思い出しか浮かばない、などなど。
私が好きな人物にはそれぞれテーマ曲のようにイメージ曲がありますが
サイだけはまだないんです。
曲じゃなく、グリフォンになってしまいました。
逆に他の人物にはその他象徴はありません、曲です。

なんだかそれも相まって、サイが特別のような気がしてなりません
…ってお話し。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

超兄貴

Author:超兄貴
日々をダラっと過ごすおっさん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR