歳か成長か

なせど飽く やれども飽きて 趣味が減る

最近ゲームへの熱が急激に冷めてきた、私です。
V字回復を願うばかりですね。


買って暫くして放置されていたswitchを最近やるようになったのですが
どうも1,2時間やったら眠気が来てしまうようになりました。
昔は寝る間も惜しんでゲームをしていたのですけど
ほぼほぼ徹夜が出来ない体になりました。
休みの日でも熱中するのは1時間程。
ただし、友人とSkypeなどで話した時は5時間ばかり遊べました。謎。

まぁ…一人でやると休み休みになってしまって、1度手が止まると復帰できないんですよね。
昨日も新しくゲームを買ったのです
30分ぐらいでやめましたけど。

実は今日も1つ買おうと思っているゲームがあるのですが
そんな調子が続いていると、お金だけ無駄になるのではないかと…。
一応友人とやる予定なのでその辺は微調整になるでしょうけど
きっと一人だと続かないんだろうなーと思ってしまいました。

何かこう、紅蓮の炎やら地獄の業火のように燃え盛るような楽しみが欲しいです(厨二感)
皆さまはちゃんと趣味と言える趣味はあるのでしょうか
やはりタルパーさんだとタルパとお話しするのが第一になるんですかね…。


こうなったのも 歳のせい?

…いいや睡眠時間のせい(白目)
趣味と呼べるものもなく、酒と煙草だけになってしまいました。

あっこれ典型的なダメおやじルートや




今回の追記は拍手コメントへのお返事です。



-----ここから追記-----

■3月21日の拍手御礼
名前表記無し 様

名無し様にもハッピーホワイトデー!どうぞ受け取ってください。
あっ要らない?ささ、遠慮なさらずに…。

改めてイラストを見直すと問題点が山のようにありましたね
・箱大きすぎ問題
・文字色とシンプル過ぎで逆に怖い問題
・影のせいでサイが何かを企んでる顔になってる問題

これらは超国会会議で議論しておきます(白目)
きっと箱の中には……おっと誰か来たようだ。

サイにはこれからも色々な衣装を着てもらって、1番似合うものを普段着にしようと思ったのですが
私に画力が無いので思いついている服装を着せる事が出来ないのですorz

サイは特に何も言いません
私がイラストを描いている時、私が何かをしている時の会話ですが
基本的に相槌的な発言が多いのです。
私の方から話しかける、それだけではなく「服についてどう思う?」などを聞かなければ服の話は振って来ません。
恐らく戦士だった事もあってか、オシャレや服については鈍感なのでしょう(''A`)
それどころか「イラストを描いている」などの「行動」についての問いかけばかりのような…。
服ではなく鎧や盾などのイラストになれば
サイの方から「その鎧は実用的ではありませんね」など、画力を含め色々と突っ込んでくれる気がします…(遠い目)

拍手コメントありがとうございました!
あっホワイトデーのプレゼント、忘れて帰ってますよ!えっ要らない?
そう言わ……待って逃げないで!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

趣味かぁ…(っ〃 ▽ 〃c)✿゜*+。

私にとってずっと変わらない趣味は、バロック音楽の鑑賞かなぁ?特に短調の曲は物心ついたときから気に入っていた記憶があって、自分の最古の趣味だと思います。あとはカトリック美術とゴシック建築も、存在を知ってから今に至るまで興味を失うことなく好きなので、一生好きなままなんじゃないかなぁと思います。(〃´ω`〃)ゞ✿゜*+。

地獄の業火…!!オペラ座の怪人を思い出しました。(〃´艸`〃)☆゜*+。あとは魔笛の、夜の女王のアリアにも「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え(Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen)」という曲がありますが、わりと好きでよく聞いています。この曲はPatricia Petibonが歌うのが個人的なお気に入りです。

Re: 趣味かぁ…(っ〃 ▽ 〃c)✿゜*+。

>さゆ様

さゆ様のご趣味はお洒落!ステキ!
案に違わずと言ってしまっていいのやらですが…
紅茶を片手に読書をしつつ、まったりと音楽を嗜んでおられる風景が浮かびます。
きっとその背景もゴシック建築である事でしょう('ω')

Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen聞いてみました
ああ!これか!と思うと同時に、サビ以外は聞いたことが無く
スローモーションでグラスや指輪が床に落ちていくような情景が浮かびました。
何語かも言葉も分かりませんが、やはり舞台の力は底知れぬものを感じますね…!
劇団四季のライオンキングしか見た事ありませんけど
序盤も序盤でした…心が震えるような感覚を覚え、知らぬ間に頬を涙が伝っていた程(震え声)
日本人が日本語リメイクでやるのも良いですが
見るならばそれぞれ本場の舞台を見てみたいものです(/ω\)
プロフィール

超兄貴

Author:超兄貴
日々をダラっと過ごすおっさん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR